2009年5月

  • [B1637]

    分子進化のほぼ中立説

    著:太田朋子

    生物進化の中心教義「ダーウィン主義」に衝撃を与えた「中立説」と「ほぼ中立説」を、「中立説」の提唱者と関わりの深かった著者が解説する。

    電子書籍 フィックス

    定価 : 本体800円 (税別)

    ISBN : 978-4-06-257637-6

  • [B1638]

    プリンキピアを読む

    著:和田純夫

    ニュートンが著した『プリンキピア』は、万有引力や惑星の楕円軌道を証明した科学史上最も有名な本といえる。その醍醐味を味わえる一冊。

    電子書籍 フィックス

    定価 : 本体980円 (税別)

    ISBN : 978-4-06-257638-3

  • [B1639]

    見えない巨大水脈 地下水の科学

    著:日本地下水学会,
    著:井田徹治

    人類が使える水の大半が地下水。一度汚染したら回復するまで平均600年もかかる貴重な資源を多角的に考察。日本の名水の「水質一覧」つき。

    電子書籍 なし

    定価 : 本体940円 (税別)

    ISBN : 978-4-06-257639-0

既刊一覧

連載読み物

ぼくたちはなぜぼくたちだけなのだろう

〔フローレス篇〕第3回 予想外の人類を研究する。

文 川端裕人

本当に新種の人類なのか?  予想もしない場所に、予想もしない人類がいたことがわかっ...

2017/06/20

ページTOPへ