2011年2月

  • [B1715]

    量子もつれとは何か

    著:古澤 明

    量子力学の根幹は不確定性原理にあり、そこから重ね合わせの原理が生まれる。量子もつれは複数の量子を扱う量子力学の最前線を語る上で重要。

    電子書籍 フィックス

    定価 : 本体800円 (税別)

    ISBN : 978-4-06-257715-1

  • [B1716]

    「余剰次元」と逆二乗則の破れ

    著:村田 次郎

    ミクロの世界では重力が存在するのか、確認されていない。実験で万有引力の法則からのずれが見つかればどうなるか?余剰次元探索の最前線。

    電子書籍 フィックス

    定価 : 本体900円 (税別)

    ISBN : 978-4-06-257716-8

  • [B1717]

    図解・地下鉄の科学

    著:川辺 謙一

    トンネル建設には土木技術の粋が集められ、車両や軌道にも工夫が凝らされている。あまり知られていない地下鉄の高度な技術を解説する。

    電子書籍 フィックス

    定価 : 本体900円 (税別)

    ISBN : 978-4-06-257717-5

  • [B1718]

    小事典 からだの手帖〈新装版〉

    著:高橋 長雄

    神経系の小径で感覚器に至り、血液の流れにのって、心臓から血管、リンパ管を抜ける。最後は神秘の内分泌器官へ。ガイドの案内で行く人体の旅。

    電子書籍 リフロー

    定価 : 本体860円 (税別)

    ISBN : 978-4-06-257718-2

既刊一覧

連載読み物

ぼくたちはなぜぼくたちだけなのだろう

〔フローレス篇〕第3回 予想外の人類を研究する。

文 川端裕人

本当に新種の人類なのか?  予想もしない場所に、予想もしない人類がいたことがわかっ...

2017/06/20

ページTOPへ