巨大ウイルスと第4のドメイン

巨大ウイルスと第4のドメイン

著者 武村政春(たけむら・まさはる)

生命進化論のパラダイムシフト

はじめに

 二〇一三年七月、「超」がつくほど巨大なウイルスに関する第一報が、科学誌『サイエンス』に掲載され、そのニュースが世界中を駆け巡った。帰省中だった筆者は、翌日東京駅に着いたその足で、神楽坂の研究室に直行し、さっそく『サイエンス』誌に掲載された実際の論文を目にしたのであった。
 発見当初は「新しい生命の形(NLF:New Life Form)」というニックネームが与えられていたというこの巨大ウイルス。論文では、「パンドラウイルス」という名がつけられていた。そしてそのウイルスは、その論文が掲載されている『サイエンス』誌のカバー写真を、堂々と占拠していたのである。
 パンドラウイルス。
 むろん、その名の由来はギリシャ神話の「パンドラ」である。
 パンドラは、ギリシャ神話における人類最初の女性であるとされる。大神ゼウスの命令によって作られ、人間とともに暮らしていた神エピメテウスに妻として与えられたが、あるとき退屈のあまり、決して開けてはならないとゼウスから言い含められ渡されていた「箱」を聞けてしまった。その中には、人聞社会にさまざまな争いごとを生みだすもとである「嫉妬」、「殺意」、「恨み」などの災厄が封じ込められていて、パンドラがそれを開けたとたん、こうした災厄が人間社会に放たれてしまった。
 この神話が転じて、誰もしなかったことやタブーとなっていたことを最初にやろうとすることを「パンドラの箱を開ける」と言うようになった。
 当初、このウイルスが「新しい生命の形」と名付けられたのには相応の理由があった。その姿が、あまりにもそれまでのウイルスとは大きく異なっていたからだ。
 ウイルスとしてあまりにも異様なその姿に、研究者たちが驚いた姿は想像に難くない。大自然が大海原の奥深くにしまいこんでいたものを、私たちはついに見つけてしまった……、そんな思いが研究者の脳裏をよぎったのかもしれない。まさに禁断の箱を開けてしまったパンドラのように。
 その姿は、全くウイルスらしくなく、かといって、これを生物とみなすにはあまりにもウイルス的であった。
 ウイルスでもない。生物でもない。
 だとしたら、これまでに全く知られていない新たな生命の形なのではないか。
 いまのところ、パンドラウイルスは「ウイルス」に分類されているが、はたしてそれでほんとうによいのだろうか? パンドラウイルスは、ほんとうに「ウイルス」なのだろうか? いやそもそも、「生物」とはいったい何なのだろうか?
 現在、生物の世界は三つのグループ(ドメイン)に分けられることになっているが、ウイルスはそれにあてはまらない。しかしもしかしたら、新たな「第4のドメイン」が付け加わることになるかもしれない。そんな議論が、巻き起ころうとしているのである。
 いったい、私たちは、どんな「箱」を開けてしまったのか。
 それは、パンドラが開け、この世界にもたらしたさまざまな悪しきものたちのように、私たち生物に何かとてつもなく悪いことをもたらすのか、はたまた、生物学に新たな、しかしとんでもなく画期的で魅力あふれる一ページをもたらすのか。
 いまはまだ、誰にもわからない。
 本書は、そんなウイルスたちと、彼らにまつわる生物たちの話である。

著者 武村政春(たけむら・まさはる)

一九六九年三重県津市に生まれる。一九九八年名古屋大学大学院医学研究科修了。医学博士。名古屋大学助手等を経て、現在、東京理科大学理学部第一部准教授。専門は、生物教育学、分子生物学、細胞進化学。著書に『DNA複製の謎に迫る』『生命のセントラルドグマ』『たんぱく質入門』『新しいウイルス入門』(以上、講談社ブルーバックス)のほか、『レプリカ~文化と進化の複製博物館』(工作舎)、『DNAの複製と変容』(新思索社)、『ベーシック生物学』(裳華房)、『マンガでわかる生化学』(オーム社)など多数。趣昧は書物の蒐集、読書、ピアノ、落語、そぱ打ちなど。

[B1902]

巨大ウイルスと第4のドメイン

細胞性生物に近い機能を備えている巨大ウイルスが次々と発見されている今、最先端のウイルス研究が「生物とは何か」をあらためて問い直す。

ISBN : 978-4-06-257902-5

既刊一覧

連載読み物

サンゴ礁からの警鐘
「7割死滅」の次に待ち受けていること

最終回 北へ逃げるサンゴ──「絶滅」リスクとの攻防

山本智之

北限を超えるサンゴ、それを追う天敵  前回までに見てきたように、沖縄などの...

2017/04/21

ページTOPへ