『元素111の新知識 第2版増補版』

『元素111の新知識 第2版増補版』

編者 桜井弘(さくらい・ひろし)

引いて重宝、読んでおもしろい

はじめに(第2版増補版)

 本書の「第1版」は一九九七年に出版され、111種の元素の個性を楽しむ本として好評を得た。その後、各元素の新しい性質や用途が続々と見つかり、これらをできる限り取り入れて、二〇〇九年に「第2版」を出版した。しかし、研究の進展は留まるところを知らず、現在までに112番以降、118番元素までが発見され、そのうち三種の新元素の正式名称が次のように決められている。112番元素はコペルニクスにちなんでコペルニシウム(Cn)、114番元素はロシアの核物理学者フレロフにちなんでフレロビウム(Fl)、116番元素はアメリカのローレンス・リバモア国立研究所の所在地リバモアにちなんでリバモリウム(Lv)である。
 本書は、「第2版増補版」として、112番〜118番元素の詳しい解説を加えるとともに、今後の新元素探索と119番以降の元素について、その展望を新たに記述したものである。1番〜111番元素についても、「第2版」出版後に得られた新知見などを補筆してある。また、二〇一一年三月には福島第一原子力発電所事故が起こり、多量の放射性元素が大気中に放出された。この事故についてもコラムを追加した。
 ここ数年、多くの元素の名前が日々の生活の中に飛び込んでくるようになった。レアアース元素、放射性元素、原子時計のセシウム、ストロンチウム、イッテルビウムなど、科学のみならず政治や経済までもが元素と関係していることが見てとれる。「元素を知ること」は「世界を見ること」につながってきた。本書を活用され、世界とつながっていただくことを期待する。

編者 桜井弘(さくらい・ひろし)

1942年、京都市生まれ。京都大学大学院薬学研究科博士課程修了。京都薬科大学名誉教授。専門は代謝分析学・生命錯体化学。

[B1805]

元素111の新知識 第2版増補版

編:桜井 弘

なぜその元素がそういう性質をもつのか、なぜそのような用途に使われるのかを解説。無味乾燥な羅列を避け、気軽に読めておもしろい。

定価 : 本体1,250円 (税別)

ISBN : 978-4-06-257805-9

既刊一覧

連載読み物

脳が目覚める新発想
馬場雄二の「漢数パズル」

第3回 漢数パズル〈サイコロ字〉① 回答編

馬場雄二

前回出題した以下の問題、あなたは解けましたか?   それでは、答えの...

2017/09/22

ページTOPへ