『死なないやつら』

『死なないやつら』

著者 長沼毅(ながぬま・たけし)

極限から考える「生命とは何か」

はじめに

 私は「生命とは何か」について考えたいと思って生物学を志しました。生物学では、具体的な「モノ」としての生物体のなりたちや「コト」としての生命現象のはたらきを調べます。でも、生物学の教科書や論文をいくら読んでも「生命とは何か」の答えは書いていないし、その答えに近づける気さえもしませんでした。やがて私は、自分が学びたかったのは具体的な物事を対象とした生物学ではなく、思索的でなかば哲学のような「生命学」だったのではないか、という疑問にかられました。生物学は英語で「バイオロジー」(biology)といいます。その語源はギリシア語の「ピオス」(bios=生命)と「ロギア」(logia=学)ですから、そのまま訳せば「生物学」ではなく「生命学」ではないか、と。
 さらに、英語には独特の「同族目的語」というものがあります。たとえば「live a life」(ライフを生きる)のlife。この言葉には「生活、人生、生命」など、次元の異なる意味がすべて含まれています。ならば「ライフを生きる」ことにも、重層的な意味があるのではないか、とも。
 いま思い返せば、どれもこれも屁理屈でした。でも学生の頃の私は大いに悩んだのです。学校で教わる生物学なんて、実は死体を調べる死物学か、カピ臭い博物学なのではないか。どこに私が欲する生命学があるのか──。もう30年以上前の話です。実際には、いまの生物学や博物学は実に生き生きしていると思います。
 ところで、私が冒頭で使った「なりたち」や「はたらき」という言葉は、実に含蓄のある日本語です。たとえば和英辞典で「なりたち」を引くと「歴史・起源・組織・構造・要素」と書いてありますし、「はたらき」は「労働・能力・作用・運用・活動・効用」とあります。そうか、生命の「なりたち」「はたらき」と言い換えれば、自分が生命について何を学べばいいのかが見えてくるじゃないか。若い私はそう考えて、生物学ならぬ生命学を勉強してきたのです。
 しかし、次第に私は、そんな自分勝手な生命学は結局、具体性も現実性もない、頭でっかちの机上の空論だと思うようにもなりました(実際には机上の空論などではないのですが)。そこで、自分に欠けているもの──具体性、現実性──を装備するため、野に山に、川や海に出ることにしました。それまでが頭でっかちだったせいか、外に出たら逆に弾けてしまい、気がつけば辺境の地、いわゆる極限環境にも通うようになっていました。そしてついには「科学界のインディ・ジョーンズ」と呼ばれるまでになったわけですが、本性は出不精の引き龍りなのにそういわれるのは〝こそばゆい〟ところです。
 実際に極限環境に行ってみて思い知らされたのは、頭でっかちな自分の脳内世界がなんとちっぽけか、ということでした。自分はいったい何を学んできたのか、何を知った気になっていたのか──それは衝撃でしたが、同時に歓びでもありました。知りたいことは「現場」にある、とわかったから。こうして私は「現場主義」を標榜するようになり、ますます極限環境に惹きつけられていったのです。
 この本の背景には、そんな私の生命学の遍歴があります。それは生命学を謳いつつ、実のところは生命論にすらなっていない、ただ屈理屈をこねくり回してきた遍歴ですが、いわゆる主流の生物学、王道のバイオロジーに対する「バイオロジー外伝」もしくは「バイオロジー異聞」というか、ちょっと変わったバイオロジーの視座を発見していただけるかな、と思っています。
 この本は5つの章からなっています。
 まず第1章は「『生命とは何か』とは何か」という、よくわからない章題です。ここでは「生命とは何か」という問いは、そもそも何を問うているのかを考えます。そうした二重構造的な思考のことを「メタ思考」といいますので、私の生命学は「メタバイオロジー」ということになります。第1章はさしずめ「メタバイオロジー入門」というところでしょう。
 第2章は「極限生物からみた生命」。この本の中心になる部分なので、私が屁理屈をこねるよりも本物の極限環境生物たちに登場してもらい、過酷な環境でも死なない驚異的な特殊能力をご覧に入れることにします。そして彼らにとっての「生」を、「live an extreme life」(極限的なライフを生きる)を存分に語ってもらいます。それは私にいわせれば「live a robust life」(たくましいライフを生きる)にほかなりません。
 第3章は「進化とは何か」。極限生物をみても考えさせられるのは「進化」というものの不思議さです。19世紀後半に唱えられたダーウィン進化論は、20世紀後半になって分子生物学と合流して、新ダーウイン主義あるいは総合説として発展し、さらに発生学とも合流して〝エヴォデヴォ〟と称される進化発生学が生まれました。まさに「進化論も進化する」ことを、この章で述べます。
 第4章の「遺伝子からみた生命」では、第3章でみた生物進化の根本が「遺伝子」にあること、生物の「なりたち」と「はたらき」もまた遺伝子の支配下にあること、そして私たち「ヒト」の未来もまた、私たちの遺伝子全体(ゲノム)の中にある暴力性と協調性をコントロールできるかどうかにかかっていることを論じます。
 第5章「宇宙にとって生命とは何か」では、もう一度、メタバイオロジーの世界に戻ります。この宇宙には、生命なんかなくてもよいのです。しかし実際には、この宇宙に生命があります。この「違い」の部分に、もしかしたら「生命とは何か」のヒントがあるかもしれません。そんな宇宙論的な生命観へとみなさんをお誘いしたい、そう思って書きました。
 この本で「生命とは何か」という問いに確固とした答えを出せたわけではありません。それでも、この大きな問題に取り組むうちに、やがては自分自身がこの大きな問題の一部になってしまうような歓ぴを味わっていただけたら私はうれしいです。最後までゆっくりお楽しみください。

著者 長沼毅(ながぬま・たけし)

広島大学大学院生物圏科学研究科准教授。一九六一年四月一二日、人類初の宇宙飛行の日に生まれる。一九八四年、筑波大学第二学群生物学類卒業。一九八九年、筑波大学大学院博士課程生物科学研究科修了。海洋科学技術センター(現・海洋研究開発機構)研究員、理化学研究所嘱託研究員、カリフォルニア大学サンタバーバラ校客員研究員を経て一九九四年より現職。専門は深海・地底・南極・北極・砂漠など極限環境の生物学、生物海洋学。『生命とは何だろう?』(集英社インターナショナル)、『私たちは進化できるのか』(廣済堂新書)、『形態の生命誌』(新潮社)など著書多数。テレビ出演でも活躍中。

[B1844]

死なないやつら

著:長沼毅

生命と非生命の違いは何か?「生命」という現象を極限まで解体し、「極限生物」の驚異の能力を見ながら生命の不可解さについて考える。

定価 : 本体900円 (税別)

ISBN : 978-4-06-257844-8

既刊一覧

連載読み物

ぼくたちはなぜぼくたちだけなのだろう

〔フローレス篇〕第2回 リャン・ブア(涼しい洞窟)にて。

文 川端裕人

「彼ら」が最初に発見された場所  インドネシア・フローレス島には、「ホ...

2017/05/19

ページTOPへ