連載第一弾は川端裕人さんが 「人類進化最大の謎」に迫る!

  • 2016/01/20

    • 連載

    連載第一弾は川端裕人さんが
    「人類進化最大の謎」に迫る!

    公式サイト開設と同時に、人類進化における最大の謎「ミッシングリンク」に迫る大型連載「ぼくたちはなぜぼくたちだけなのだろう」がスタートします。

    執筆はクジラからビッグバンまで、絵本から長編小説までを自在に行き来する文筆家の川端裕人さん。文系/理系の垣根を超えて活躍する日本では稀有な書き手であり、ブルーバックスの枠を超えた企画に挑むこのサイトにはうってつけのトップバッターです。

    川端さんがペンを鏨(タガネ)に持ち替えて、ジャワ島のとある村で地面を掘り進めるところから物語は始まります。やがて土中から姿を現す「歯」や「石器らしきもの」。それらは、かつてそこに住んでいた「人類」のものでした。しかしその人類とは、わたしたちとは違う種の、すでに絶滅してしまった人たちなのです。

    かつて地球上には彼らのような、わたしたちとは違う「人類」がたくさんいました。しかし、彼らはすべて滅び去ってしまいました。なぜ彼らは滅んだのでしょうか。なぜわたしたちだけが生き残ったのでしょうか。

    「謎を解く鍵はアジアにあり」と言う人類学のトップランナー、海部陽介さんに導かれて、いま川端さんの壮大なチャレンジが始まりました。とことん調べ、歩き、考えた先に待っているものはいったい何か。まだ、誰にもわかりません。

新着情報一覧

ページTOPへ