「解説目録2016年版」電子版 無料ダウンロード開始!

  • 2016/05/27

    • ニュース

    「解説目録2016年版」電子版
    無料ダウンロード開始!

    本日より、「ブルーバックス解説目録2016年版」の電子版が、ブルーバックスを配信してくださっているすべての電子書店にて無料ダウンロードできるようになりました!
    年に一度更新しているこの解説目録は、シリーズの総合カタログとして各書目の内容紹介を読むことができます。また、書名や著・訳者名で検索できる索引、部門別既刊書目一覧、既刊全書目一覧など、さまざまな角度からブルーバックスのラインナップを展望することができる「引いて重宝、読んでおもしろい」(『元素111の新知識』のサブタイトルより)目録です。
     
    「部門別既刊書目一覧」は、
     1:物理
     2:数学
     3:生物学
     4:化学
     5:宇宙・天文
     6:地球科学
     7:医学・薬学・心理学
     8:技術・工学
     9:コンピュータ関連
     10:趣味・実用
     11:パズル・クイズ
     12:事典・辞典・図鑑
     13:その他
    と、13部門に分けて、それぞれ50音順に並んでいます。興味をお持ちの分野、読んでみようと思う分野の本を探すときに便利です。
     
    「既刊全書目一覧」は、創刊からの通し番号(通称、B番号)順に並んでいます。このB番号は、背表紙の著者名の下についているもので、今日の時点では、『高校数学でわかる光とレンズ』の「B1970」が一番大きな番号です。
    では、第1冊目の「B1」はどんな本だったのでしょうか?
    既刊全書目一覧から、1963年(昭和38年)9月に創刊された、記念すべきブルーバックス第一弾を書き出してみると、『人工頭脳時代』(B1)、『世界を変える現代物理』(B2)、『小事典 科学の手帖』(B3)と、いま刊行されてもふしぎではないタイトル3冊が並んでいます。
    では、「B100」「B500」「B1000」は?
    それぞれ、『宇宙とはなにか』(B100)、『組み紐の幾何学』(B500)、『科学・あの話題はどこにいった』(B1000)です。このように、解説目録を眺めることによって、53年間にわたり、約2000タイトルを世に送り出してきたブルーバックスの歴史を振り返ることもできます。
    「B2000」の刊行も近づいていますので、どうぞお楽しみに!
     
    ところで、この目録の担当者は、iPadで電子書籍を読むことが多いので、さっそくiPadにダウンロードしてみました。iPadを横にして2ページずつ表示させると紙版よりもやや小さくなってしまいますが、縦にして1ページ表示させれば、実測値で約130%拡大されて読みやすくなりますよ。
    iPhoneにもダウンロードしたので、こちらは、書店の店頭などで、ちょっと気になってタイトルや著者名を調べるときに活用するつもりです。
    長年ブルーバックスをご愛読くださっている方にも、これからブルーバックスを読んでみようと思われる方にも、さまざまな用途でご利用いただける解説目録です。ぜひダウンロードしてご活用ください!
     
    ※「ブルーバックス解説目録2016年版」は、2015年12月刊行の書目までが収録されています。
    ※この電子版はデータ量が大きく、ダウンロードに時間がかかる場合があります。ダウンロードされる際は、Wi-Fi環境で行うなどご留意ください。

新着情報一覧

ページTOPへ