【サイエンス 7days】 第18回 5月30日~6月5日

  • 2016/05/30

    • ニュース

    【サイエンス 7days】
    第18回 5月30日~6月5日

    地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今週も "サイエンス7days" のコーナーをお届けします。

    "サイエンス7days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介する「この日なんの日」のコーナーです。

    第18回 は 今日5月30日から6月5日までの一週間をみていきましょう。

     

    5月30日 原子番号36の元素、クリプトン(Kr)が発見される(1898年)

    イギリスの化学者トラバースとラムゼーによって、希ガス元素クリプトンが発見されました。クリプトンは常温、常圧で無色、無臭の気体です。空気中に含まれる希ガスは大部分がアルゴンで、その影に隠れた存在ということからギリシャ語の「隠れたもの(kryptos)」にちなんで命名されました。クリプトンは地球上に存在する気体の中では、もっとも少ないものなんだそうです。

    オススメ関連書籍はこちら
    『元素111の新知識 第2版増補版』
    ブルーバックスの定番ロングセラーに「112~118番元素」と「新元素の展望」を加えた増補版。知識の羅列ではない、エピソード満載の読める元素事典です。

     

    5月31日 ケロッグ博士がコーンフレークの特許を申請(1884年)

    アメリカの医師ジョン・ハーヴェイ・ケロッグが、この日、自身が発明したシリアル食品の特許を申請しました。この調理法はケロッグが、患者が消化しやすい食事としてパンの代替品を試作中、あやまって材料を放置・乾燥させてしまったことから生まれたものなんだとか。ケロッグは兄と共同でシリアル食品の会社を立ち上げ、コーンフレークは健康食品として広く受け入れられるようになりました。しかし、コーンフレークに砂糖を加えるか加えないかで兄弟は対立し、最終的に袂を分かつことになったそうです。

    オススメ関連書籍はこちら
    『「食べもの情報」ウソ・ホント』
    健康雑誌の記事や健康食品の宣伝文にあふれるウソを見極める。健康に生きるための情報の捉え方、食生活のおさえどころを紹介します。

    また、本書の著者・高橋久仁子さんの新刊『「健康食品」ウソ・ホント』が6月20日頃発売予定です。こちらもぜひチェックしてみてください。

     

    6月1日 天気予報が日本で開始される(1884年)

    この日、気象庁の前身となった東京気象台が、日本で初となる天気予報を開始しました。全国の天気予報を毎日3回、一文で発表するもので、最初の予報は午前6時に出された「全国一般風ノ向キハ定マリナシ天気ハ変リ易シ但シ雨天勝チ」だったそうです。全国の天気をたった一文で表現するというのは、市町村ごとの天気予報も見られる現在から考えるととても驚きですね。

    オススメ関連書籍はこちら
    『図解・気象学入門』
    気象にまつわる身近な疑問から、天気図の読み方までわかりやすく解説。これから始まる梅雨の季節にむけて、手元に置いておきたい一冊です。

     

    6月2日 無線通信装置を発明(1895年)

    この日、イタリアの電気技術者マルコーニが、電波をもちいた通信装置の実験を行い、1マイル(約1.6キロメートル)離れた場所に、モールス信号を送信することに成功しました。当時、電波による通信の原理はすでに考案されていましたが、実用的な通信装置の開発に成功したのはこれが初めてのことでした。マルコーニはそれ以降も装置に改良を重ね、1899年にはドーバー海峡、1901年には大西洋横断の無線通信を成功させています。1909年には無線通信研究の業績によってノーベル物理学賞を受賞しました。

    オススメ関連書籍はこちら
    『アンテナの仕組み』
    現代社会を支える重要なツールのとてもシンプルな原理と、意外に複雑な働きをやさしく解説。基礎の基礎から電波と通信の仕組みが学べます。

     

    6月3日 パロマ山天文台が完成(1948年)

    カリフォルニア州サンディエゴ郊外、標高1706メートルのパロマ山頂に、口径200インチ(約508センチメートル)の当時世界最大の反射望遠鏡を備えた天文台が完成しました。この望遠鏡(ヘール望遠鏡)は重量13トンもある巨大なもので、1976年にソ連が口径600センチメートルの望遠鏡を完成させるまでの28年間、世界最大の望遠鏡として天文学の成果を独占しました。ちなみに現在の口径第一位の望遠鏡はスペインのカナリア諸島にある「カナリア大天体望遠鏡(Great Canary Telescope、GTC)」で口径は10.4メートルもあるそうです。

    オススメ関連書籍はこちら
    『新・天文学事典』
    天文学の全体が概観できる、読んで見て楽しめるカラー事典。巨大な天体望遠鏡に秘められた驚くべき技術は第16章で詳しく解説されています!

     

    6月4日 ショッピングカートが初めて導入される(1937年)

    いまでは我々のショッピングライフに欠かすことのできないアイテムとなったショッピングカートが、この日アメリカ・オクラホ州のスーパーマーケットに初めて導入されました。ハンプティ・ダンプティ・スーパーマーケットチェーンの経営者であるシルヴァン・ゴールドマンが、折りたたみ椅子にヒントを得て開発。乳母車を連想させる見た目から、当初は使用をためらう消費者が多かったそうですが、次第に広く受け入れられるようになり、ゴールドマンはこの発明により億万長者になったそうです。

    オススメ関連書籍はこちら
    『人間工学からの発想』
    人間が使いやすい道具をつくろうという考え方を科学的に体系づける人間工学。その神髄とは何か? 30年以上にわたって読み継がれているブルーバックス屈指のロングセラーです。

     

    6月5日 日本一の高さを誇る黒部ダムが完成(1963年)

    富山県立山町に関西電力の黒部ダムが完成し、この日、竣工式が行われました。黒部ダムは、高さ186メートルの巨大なアーチ式で、総貯水量は2億トン、7年の歳月をかけて完成しました。このダムで溜められた水は黒部川第四発電所で利用されるため、「黒四ダム」とも呼ばれています。北アルプスの大自然に抱かれた巨大な黒部ダムは、観光地としても有名で、今年は6月28日から10月12日までの期間に観光放水(毎秒10トン!)が見学できるそうです。夏の旅行先の候補にいかがでしょうか?

    オススメ関連書籍はこちら
    『日本の土木遺産』
    ダム、橋梁、トンネルなど、各地に残る日本の近代化を支えた土木構造物をカラー写真付きで紹介。見どころや技術者の活躍をそれぞれの専門家が解説します。

新着情報一覧

ページTOPへ