【サイエンス 7days】 第24回 7月11日~7月17日

  • 2016/07/11

    • ニュース

    第24回 7月11日~7月17日
    人類初の原爆実験が行われる

    地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今週も "サイエンス7days" のコーナーをお届けします。

    "サイエンス7days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介する「この日なんの日」のコーナーです。

    第24回 は 今日7月11日から7月17日までの一週間をみていきましょう。

     

    7月11日 ネアンデルタール人のDNA解析結果が発表される(1997年)

    この日、ネアンデルタール人のミトコンドリアDNAを解析した論文が科学雑誌『Cell』に発表されました。この論文は、ネアンデルタール人は現生人類との間に交配はなく、現代人の祖先ではなかったと結論するものでした。しかし近年、核遺伝子を用いた解析から、現生人類はネアンデルタール人の遺伝子を数%持っているという結果が発表され、それまでの常識が覆されることになったのです。人類はどのように進化してきたのでしょうか? 現在進行形で常識が大きく変わろうとしている人類史の研究から、いま目が離せません。

    オススメ記事はこちら
    『ぼくたちはなぜぼくたちだけなのだろう』
    現生人類はどのように現われてきたのか。かつて地球上に存在した人類の「仲間」たちはなぜ滅んでしまったのか。人類史最大の謎に迫る「ぼくなぜ」は本サイトで無料公開中です!

     

    7月12日 日本中央子午線が制定される(1886年)

    この日、東経135度を「日本中央子午線」と定めた、勅令第51号「本初子午線経度計算方及標準時ノ件」が発布されました。この2年前にワシントンで開催された万国会議において、ロンドン郊外のグリニッジ天文台を通る子午線が「本初子午線(=経度0度)」に選ばれ、それにあわせて日本の標準時の基準となる子午線が決定されることになったのです。ところでみなさんは、2001年に計量法が改正され、日本の緯度経度の基準が変更されていたのはご存知でしたか? これは、GPSなどの技術が発達し地球の形が正確に計測できるようになり、全世界で矛盾なく緯度経度を決定する方法が使われるようになったためです。この変更により、日本では同じ経度と緯度の地点が従来の場所よりも南東に約400メートル移動することになったそうです。

    オススメ関連書籍はこちら
    『新しい高校地学の教科書』
    地球の大きさはどうやって測るの? 地球は正確にはどんな形をしているの? 意外と知らない科学の基礎を学び直すのに最適な1冊です。

     

    7月13日 大阪府堺市でO157による集団食中毒が発生(1997年)

    この日、大阪府堺市の小学校90校と養護学校2校において、学校給食による集団食中毒が発生。翌14日に、患者の検便から腸管出血性大腸菌O157が検出され、食中毒の原因菌が特定されました。この食中毒事件は児童と教員などあわせて約9500人が発症し、3人が死亡するという、きわめて大規模なものでした。気温と湿度が高くなる夏は食中毒が発生しやすい季節です。食品の衛生管理にはくれぐれも注意してくださいね。

    オススメ関連書籍はこちら
    『からだの中の外界 腸のふしぎ』
    眼や口、呼吸器にまで目を光らせる最強の免疫器官であり、1億個ものニューロンを擁し「第二の脳」とも呼ばれる「腸」。その驚異の能力を徹底解説します。

     

    7月14日 アルフレッド・ノーベルがダイナマイトを発明(1867年)

    スウェーデンの化学者・発明家のノーベルがこの日、ダイナマイトを発明しました。ダイナマイトは、取り扱いの難しかったニトログリセリンを珪藻土に染み込ませて安定化し、雷管を組み合わせることで使いやすくした爆破剤です。ノーベルはこの発明の特許により巨万の富を得ることになりましたが、ダイナマイトが戦争に使われたことにより『死の商人』と呼ばれるようになってしまいました。この汚名を返上するために、彼は遺産を人類に貢献した人物を顕彰するために使うようにと遺言し、これが現在の「ノーベル賞」になりました。

    オススメ関連書籍はこちら
    『火薬のはなし』
    文明を築いた原動力のひとつであると同時に、大いなる不幸を人類にもたらしてきた火薬。その仕組みから、意外な使い方まで、火薬のすべてをわかりやすく解説します。

     

    7月15日 任天堂がファミリーコンピュータを発売(1983年)

    この日、任天堂から家庭用ビデオゲーム機「ファミリーコンピュータ」通称「ファミコン」が発売されました。「ドンキーコング」や「マリオ」「ドラゴン・クエスト」などが人気となり、ファミコンは世界中で大流行。累計6000万台以上が販売される大ヒット商品になりました。1989年には後継機の「スーパーファミコン」が発売されますが、こちらは正式名称が「スーパーファミコン」で、スーパーファミリーコンピュータの略ではありません。ビデオゲームといえば、思い出すのは「スペースインベーダー」。わたしが地球にやってくるまえにこのゲームが発売されていたら、侵略者として打ち落とされていたかもしれません。あぶないところでした。

    オススメ関連書籍はこちら
    『世の中の真実がわかる「確率」入門』
    最近は家庭のテレビではなく、スマホでゲームを楽しんでいるという方にぜひ読んでいただきたいのがこの1冊。スマホゲームの「ガチャ」を数学的に解説します。

     

    7月16日 人類初の原爆実験(1945年)

    「マンハッタン計画」としてひそかに開発が進められてきた原子爆弾の爆発実験が、ニューメキシコ州アラモゴード西方の砂漠で行われました。午後5時30分に起爆されたプルトニウム爆弾は、太陽のような強烈な光を放ち、巨大なキノコ雲をつくりだしました。このプロジェクトに要した費用は20億ドル。この実験からひと月も経たずに、ウラン型原爆が広島に、プルトニウム型原爆が長崎に落とされることになったのです。

    オススメ関連書籍はこちら
    『原子爆弾』
    人類はなぜ、どのようにこの怪物を生みだしてしまったのか。原子爆弾の原理を知ることで、よりいっそう原子力エネルギーの本質を理解するための1冊です。

     

    7月17日 北海道・知床半島が世界遺産に登録される(2005年)

    この日、北海道の知床半島とその沿岸が、日本で3例目となるユネスコ世界自然遺産に登録されました。流氷の流れ着く海から、希少な動植物の生息地となっている陸へとつながる豊かな生態系と、科学的調査にもとづいた自然管理が高く評価され、世界遺産登録の申請が認められたそうです。現在日本国内で自然遺産に登録されている地域は、屋久島、白神山地、知床半島、そして小笠原諸島の4ヵ所です。

    オススメ関連書籍はこちら
    『森が消えれば海も死ぬ 第2版』
    森はいかにして海を豊かにするのか。陸と海のつながりを新たな視点で捉えた衝撃の名著に最新の研究成果を加えた改訂版です。

新着情報一覧

ページTOPへ