「ぼくなぜ」フローレス篇 衝撃の発掘現場から更新!

  • 2017/12/20

    • 連載

    「ぼくなぜ」フローレス篇
    衝撃の発掘現場から更新!

    大変お待たせいたしました。大好評連載 「ぼくたちはなぜぼくたちだけなのだろう」のフローレス篇第8回をアップしました。
    リャン・ブア洞窟で発見された身長わずか110センチほどの人骨化石は、病気のサピエンスでも子供でもなく、「アジア第3の原人」フローレス原人であることが確定的になると、いったい何者がここまで小さくなったのかが大きな謎として浮かび上がってきました。そして、その論争のさなかに、同じフローレス島のソア盆地で、重大な発見がなされたのです。

     

    【お知らせ】「ぼくたちはなぜぼくたちだけなのだろう」をベースとしたブルーバックス『我々はなぜ我々だけなのか』が発売になりました。連載時の知見がさらにアップデートされ、別の新たな原人も登場して、アジアには実に多様な「人類世界」があったことが描きだされています。おそらく一般書としては世界初の、アジアの原人たちの本格的な論考をぜひお楽しみください。

     

     

    『我々はなぜ我々だけなのか』
    アジアから消えた多様な「人類」たち

    著:川端裕人 監:海部陽介  定価:1,000円(税別) ISBN978-4-06-502037-1

新着情報一覧

ページTOPへ