「サンゴ礁大量白化」の謎を追う短期集中連載スタート!

  • 2017/02/24

    • 連載

    「サンゴ礁大量白化」の謎を追う短期集中連載スタート!

    鮮やかなブルーやエメラルドグリーンにきらめく透明度の高い海。浅瀬を泳ぐ、色とりどりの魚たち。南国を象徴するその景色には、美しいサンゴ礁が不可欠です。
    ところが、日本最大規模を誇る沖縄のサンゴ礁で今、7割超ものサンゴが死滅するという“大異変”が生じています。死の引き金となった「白化現象」は実に9割以上のサンゴに及んでおり、文字どおり壊滅的な惨状に見舞われているのです。

    皮肉にも、白化によって本来の褐色が抜け落ち、淡いピンクやレモン色に「変身」したサンゴの姿は、実に美しい海中の光景を生み出すのだそうです。海面から差し込む光を乱反射する、雪をかぶったような白いサンゴ。それは、死を目前に控えた物言わぬ生物の、「断末魔の輝き」に他なりません。

    いったいなぜ、70%ものサンゴが死んでしまったのか? その死は、海洋の生態系にどんな影響を及ぼすのか? そして、日本列島を取り囲む四方の海に迫り来る「次なる危機」とは?

    各地の海で、自ら水中カメラを携えて潜水取材を敢行し、海洋をテーマに執筆をつづける科学ジャーナリスト・山本智之さんによる渾身のリポート『サンゴ礁からの警鐘 「7割死滅」の次に待ち受けていること』(全5回)、ぜひご一読ください。

新着情報一覧

ページTOPへ