新連載! 馬場雄二の「漢数パズル」

  • 2017/07/28

    • 連載

    新連載!
    馬場雄二の「漢数パズル」

    直感を裏切るデザイン・パズル』(ブルーバックス)など、多数の著作があり、半世紀にわたってさまざまなパズルを世に送り出してきた“パズルの達人”馬場雄二先生からの新たな挑戦状! パズルの新連載がスタートします。あなたはどこまで解けますか?

    算数と漢字を組み合わせ、理系・文系どちらの視点も必要となる「漢数パズル」。頭をひねって問題にチャレンジすれば、眠っていた新たな能力が目覚めるかもしれません。ユニークで新しいパズルの世界をご堪能ください!

     

    「僕は理系」「私は文系」などと自分のことを語る人がいます。しかし、それはよく考えると微妙なニュアンスで、その多くは不得意な分野を言い訳するために使っている場合がなきにしもあらず。
    僕の最も尊敬する偉人は、レオナルド・ダ・ヴィンチです。彼は名画「モナリザ」に代表される美術家であり、自然科学に関しても多彩で大きな業績を遺しています。理系・文系に限定されないマルチな第一人者でした。
    このように文理を融合し、多面的に発揮される魅力こそ、現代にも未来にも期待される能力ではないでしょうか。
    この連載では、そのような文理の能力をオーバーラップさせる鍛錬に少しでも役立つことを願って作った、新しいパズルをご紹介していきます。皆さんには、算数(理系)と漢字(文系)のセンスが必要とされる数々の問題に挑戦していただきましょう。
    答えを導き出すにはユニークな視点が必要となります。「漢字算」では直感的推理力、2回目以降に出題する図形と漢字を組み合わせたパズルでは空間把握力を総動員して、じっくりと“脳活”をお楽しみください。 
    馬場雄二

     

    問題はこちらから↓

新着情報一覧

ページTOPへ