ぼくたちはなぜぼくたちだけなのだろう

文 川端裕人

監修 海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)

かつて地球上には、ぼくたちと同じ「人類」の仲間がたくさんいた。彼らはなぜ滅んでしまったのか?
なぜぼくたちだけが生き残ったのか?
人類進化のホットスポット、アジアの化石発掘現場から始まる壮大な謎解きの旅!

(画像提供:国立科学博物館)

第2回 ぼくが出会った「歯」

  • 1
  • 2

ジャワ原人は石器を使っていたか

採取した土をふるいにかける地元の人たち

 蛇行するソロ川のほとり、サンブンマチャン村での発掘作業が進んでいる。
 現地で雇われている人たちのモチベーションも高く、ウシ、イノシシ、サイなどの化石を次々と発見した。地面から骨が出てくること自体が楽しくて、夢中になるのはいいのだが、慌てて掘ってしまい化石が割れてしまうこともある。海部さんは苦笑しつつ、それらを混乱しないように分別し、あらためて掘り方の指導をしていた。なお、割れた標本は、宿に帰ってからその日のうちに接着剤でくっつけておく。
 ぼくも、ひたすらタガネをあてて、地層を剥がした。はやる気持ちを抑えつつ慎重にやっているつもりだが、やはり、つい力が入りがちだ。一度、大々的に割りすぎてしまったときには、ひやりとした。もしもそこに大切なものがあったとしても、壊してしまっただろう。まったく、この作業は本当に難しい。
 現地の言葉で何かを話しかけられた。
 腰の曲がったおばあちゃんが、ぼくが引き剥がした層の中から、小さなものを拾い上げた。
 まるで宝物のように、手のひらの上に置いて見せてくれる。まわりの母岩とはちがって、薄く鋭利な印象すらある石のかけらだ。「これは、ジャワ原人が石器を作ったときの石の破片かもしれませんね」
 と海部さんが言った。そして、ジッパーのついたビニール袋にしまい込んだ。
 おお、ぼくも、多少は意味のあるものを見つけられたかもしれない。実際は、おばあちゃんに教えてもらったわけだが。
 なお、ここで「ジャワ原人の石器」と聞いて、はてな、と思った人は素晴らしい。実は、この時点ではぼくは、その意味をよくわかっていなかった。

発掘作業を続けていると手袋もぼろぼろになる

 原人というのは、その元祖であるホモ・ハビリス(アフリカの原人で、学名は「器用な人」を意味する。ハビリスはhandyという意味)が石器と一緒に発掘されて有名になったように、石器を多用していた人たちだとされる。最古の石器は330万年前の猿人の時代に出現したが、二百数十万年前頃の原人の時期になるとその出土例が増して、石器の利用が“本格化”してきたことがわかる。しかし、ジャワ原人が使っていた石器は出てこないことになっていて、教科書によっては「なかった」「知られていない」などと書かれている。
「いや、それが、実際には見つかっているんですよ」
 と海部さん。
「ただ、まだ研究者がきちんと取り組んでいないだけで、石器自体は出ているし、地元の博物館にも並んでます」
 なんと、これは現場にこなければわからない「これから」の研究テーマだったのだ。海部さんのサンブンマチャンの発掘現場でも、石器らしきものがいくつも出ており、今、石器の専門家と一緒に研究を進めているところだという。
 ぼくは、しげしげと自分が「見つけた」破片や、発掘現場の仕分けボックスの中にある石器状の石を見た。ぼくには、石器と「石器のような石」を区別する能力はないが、それは発掘チームの大部分を占める村人たちにしても同じこと。「それらしい」ものは、どんどん集められている。中には、刃のように見える部分を持ったものもある。見れば見るほど、石器のような気がしてくるのだが、あくまで素人判断だ。

  • 1
  • 2

文 川端裕人

かわばた・ひろと 1964年兵庫県明石市生まれ。千葉県千葉市育ち。東京大学教養学部卒業。日本テレビ在職中に『クジラを捕って、考えた』を執筆、文筆デビュー。1997年よりフリーランス。小説作品に『銀河のワールドカップ』『星と半月の海』、ノンフィクション作品に『動物園にできること』など多数。最新刊は、一線の宇宙論研究者との共著『宇宙の始まり、そして終わり』(日経プレミアシリーズ)、駆け出し声優のお仕事小説『声のお仕事』(文藝春秋)、『青い海の宇宙港(春夏篇・秋冬篇)』(早川書房)など。

メールマガジン「秘密基地からハッシン!」(http://yakan-hiko.com/kawabata.html)を配信中。

連載一覧

連載読み物

さがせ、おもしろ研究!
ブルーバックス探検隊が行く

「お遍路の科学」で見えた「100歳で健康」のヒント

(取材・文 深川峻太郎) 四国のお遍路さんを科学するのだ! 編集部からこ...

2017/11/16

ページTOPへ