さがせ、おもしろ研究! ブルーバックス探検隊が行く

この連載は、ブルーバックス編集部が最先端の研究を行う現場にお邪魔して、そこにどんな研究者がいるのか、どんなことが行われているのかをリポートする研究室探訪記です。
いまこの瞬間、どんなサイエンスが生まれようとしているのか。論文や本となって発表される研究成果の裏側はどうなっているのか。研究に携わるあらゆる人にフォーカスを当てていきます。
書籍としてのブルーバックスとはまた違った視点で見る、科学の現場をお楽しみください。

“現代の伊能忠敬”に密着――地質図作りの現場を歩く

  • 1
  • 2

(取材・文 中川隆夫)

明治期の産業振興の基礎資料として誕生

「その昔は、『○月○日富士山大噴火!』といった、オカルト的な話題で取り上げられることが多かった地質学ですが、東日本大震災のあと、地球科学の知見に対するまっとうな認識が広がるようになりました」
こう語るのは、産業技術総合研究所・地質情報基盤センターアーカイブ室長の内藤一樹さん。日本列島や地球の成り立ちにまで迫る地球科学の認知度が、このところ高まっています。この学問を支えているのが地質調査です。「おもしろ研究」を探すべく、全国を飛び回るブルーバックス探検隊が今回訪ねる研究室は、この地質を調べて「地質図」を作っている人たちです。

地質とは、私たちの足元を支えるさまざまな岩石や地層のことを指します。田畑を覆う土壌や、人工物のコンクリートやアスファルトを剥いだ下の石のことです。この地質を広く調べることで、日本列島の成り立ちを探っていこうということです。
地質図は、地層の種類や年代などによって細やかに色分けされ、ときに断層などの太い線が走っている地図です。国土地理院が発行する「地形図」とは違い、田畑や郵便局といった記号ではなく、鉱山や温泉の記号が記されています。この地質図作りに長く携わる、内藤さんに解説してもらいましょう。

内藤さん

 

「色分けされた一つひとつに、どの山にどんな岩石があり、どのような地下資源が眠っているのか、あるいはその土地の地形や地質によってどのような災害の危険性があるのか、といった情報が含まれています」

地質図は、一般に登山やハイキングで使うものとは異なり、たとえばリニア新幹線や高速道路といった大規模土木工事の準備、あるいは資源調査の参考にする、一風変わった特殊な地図です(最近の地形、地質への関心の高まりで、地質図をもってハイキングに出かけるという“通”な方もいらっしゃるかもしれませんが)。
地質図が作られ始めたきっかけは、明治初期にさかのぼります。富国強兵を掲げた新政府が行ったことは、産業の振興でした。具体的には、石炭をはじめとする各種地下資源のありかを探るのが目的だったのです。

「これが日本最古の地質図といわれています」と言いながら、内藤さんが広げて見せてくれたのは、明治9年(1876年)発行の「日本蝦夷地質要略之図」です(図1)。アメリカから技術者として来日したB・S・ライマンが、のちに北海道開拓に従事する人材を育成していた開拓史仮学校の生徒らとともに3年をかけて北海道を調査し、完成させた200万分の1の地質図。北海道開拓の礎(いしずえ)となりました。

図1 日本最古の地質図「日本蝦夷地質要略之図」

 

「その後、日本人が地質や鉱物の技術を学び、地質図を作り始めます。和田維四郎氏らが日本人で初めて描いたのは、伊豆半島の地質図(図2)でした」(内藤さん)

図2 日本人の手による初めての地質図。伊豆半島を描いたもの。

 

当時の地質図は、山肌が毛羽状の模様で描かれ、まるで幕末に初めて測量地図を作った伊能忠敬の描いた日本地図のようです。実際、「海岸線は、伊能忠敬の地図を基にしています」と、内藤さんは指摘します。
「当時は、地形図も一緒に作りながら、地質図も描いています。地質調査は、谷筋を中心にしたかなりおおざっぱなものですが、これから20年かけて、1899年には100万分の1の全国地質図を作り上げています(図3)」

図3 1899年に作成された100万分の1サイズの「大日本帝国地質図」

 

畳2畳ほどの全国図は、1900年のパリ万博に出品され、その細かい印刷技術とともに評判になったといいます。わずか20年でこれほど詳細な地図を作り上げた明治の人の偉業には驚かざるを得ません。

一枚の地質図作りに5年超をかけて

さて、いまの地質図づくりはどうなっているのでしょう。内藤さんに訊ねました。

「じつは、いまも5万分の1の地質図に限って言えば、人の足に頼っています。伊能忠敬の時代と同じように、歩いて調査します」

GPSの精度が数cmの誤差に収まるという時代に、足で稼ぐ調査が行われている!? 21世紀の現代にも、伊能忠敬を地でいくような人たちがいるなんて驚きますね。
しかし、航空写真を基に作ることができる地形図とは違い、表土に覆われた地面の下を調べるには、現場に行ってていねいに調査するしか手段がないのだそうです。内藤さんも、現地調査で地質図を描いてきたひとりですが、ここで若手の佐藤大介さんに登場してもらいましょう。
佐藤さんは昨年、岡山県から兵庫県をまたいだ「播州赤穂」地域の5万分の1地質図幅(図4。国土地理院が発行する地形図の図郭に合わせて作った地質図)を刊行した研究者です。この縮尺地図では、地域の長辺が23kmにもなります。こんなに広大な範囲の地質図を、どのようにして作るのでしょうか?

図4 佐藤さんが作成を担当した「播州赤穂」地域の5万分の1地質図幅

 

「3~4年をかけて現地を調査し、分析や解釈を加えながら地質図を作り上げるのですが、印刷まで入れると、一つの地域で5~6年の歳月を要します」

地質図の作成は複数で行うことが多いのですが、現地での調査はたったひとりだといいます。

「3~4年のうち、総計240日以内で現地調査を終えるのが目安です。一回の出張で2~3週間ですね。地域の宿を起点に、毎日山に入る感じです。朝夕は宿の食事、昼はコンビニなどで買ったお弁当を調査現場で食べます。危険な登山などがある場所以外は、基本的にひとりで歩きます。『播州赤穂』地域の場合は、合計200日ほど調査で歩いています」

佐藤さんが「山に入る」と言ったように、人里離れた山や谷が地質図作りの現場になります(図5)。計測器をもって三角測量をしているような測量隊とは違って、かなり地味な作業です。「腰にハンマーをぶら下げている以外、ふつうのハイカーと見分けがつきませんよ」と内藤さんが笑顔で解説してくれました。

図5 砕石場で地質調査を行う佐藤さん。写真中央から右は、火砕流堆積物に貫入する岩脈。撮影場所:兵庫県相生市相生。

 

地質調査はまず、石や岩が露出している場所を基準に調べることから始まります。必然的に、崖が現れた場所や沢を歩くことになります。町歩きでカフェを見つけるような楽しみとは無縁の、なかなかにたいへんな仕事のようです。むしろ出会うのは、クマなどの野生動物!

「クマには3度ほど出くわしましたが、なんとか無事でした。顔を合わせたときには、『私は何でもないから気にしないで』とクマに合図を送りながら、後ずさり。崖に隠れてあとは一目散に逃げるんです」と、豪快に笑う内藤さん。
それよりも、野放しの犬に吠えられ続けることや、頑固者の大地主がいる山のほうがやっかいだといいます。地質調査で山に入らせてくれと頼んでも、頑として聞き入れてくれないご老人もいたそうです。昔は、そんな人のために一升瓶を抱えて通った研究者もいたのだとか(いつかブルーバックス探検隊にも役立つ知恵かも……!?)。
海岸を歩けば、アワビの密漁と間違えられ、松茸の季節には、やはり泥棒に間違えられる。それでも現地調査は楽しいのだと、二人の顔は笑顔であふれます。
「3週間、現世と切り離されて、仕事に集中できるのは楽しいですよ。もっとも、最近では沢の奥に行っても、携帯電話がピロロロロと鳴ってしまいますが」(内藤さん)

3年間もその地域を歩き続けると、ともすれば地元の人より周辺の地域に詳しくなり、第二の故郷のように思えてくるそうです。そんな土地が日本全国にいくつもあるのは、うらやましい仕事ですね。

  • 1
  • 2

「さがせ、おもしろ研究! ブルーバックス探検隊が行く」は、ブルーバックス編集部が、最先端の研究を行っているさまざまな現場にお邪魔して、研究の今をリポートする連載企画です。

隔週木曜日に新しい記事を公開していく予定ですので、どうぞお楽しみに!

連載一覧

連載読み物

さがせ、おもしろ研究!
ブルーバックス探検隊が行く

「お遍路の科学」で見えた「100歳で健康」のヒント

(取材・文 深川峻太郎) 四国のお遍路さんを科学するのだ! 編集部からこ...

2017/11/16

ページTOPへ