トップページ

PAGE TOP

「科学をあなたのポケットに」ブルーバックスは自然科学系の新書シリーズです。

講談社ブルーバックス

更新日:2015.6.18

今月の新刊

  • 「説得力」を強くする
  • 理系のための研究ルールガイド
  • 数学ロングトレイル 「大学への数学」に挑戦
  • 分子レベルで見た触媒の働き
  • コミュ障 動物性を失った人類

刊行予定

  1. 『謎解き・津波と波浪の物理』

  2. 『SNSって何が面白いの? 何が便利で、何が怖いのか』

  1. 『地球を突き動かす超巨大火山』

  2. 『確率を攻略する』

NEWS

  1. ブルーバックス×岩波書店×国立科学博物館「大陸移動説100周年」スペシャルイベント開催!

  2. 『Raspberry Piで学ぶ電子工作』サンプルのダウンロードはこちら!

  3. 『山に登る前に読む本 電子版』刊行によせて

  4. 『「ネイティブ発音」科学的上達法』特設サイト開設!
    「いきなりネイティブな声が出る」トレーニング動画公開中。

  5. 「山に登る前に読む本」刊行記念コラム・連載第4回掲載!(金曜掲載)

  6. 『マンガ 生物学に強くなる』内容の一部をPDFファイルで公開!

  7. 『放射能と人体――細胞・分子レベルからみた放射線被曝』内容の一部をPDFファイルで公開!

  8. 『理系のためのExcelグラフ入門』のサポートページはこちら

  9. ブルーバックス創刊50周年記念 『ブルーバックス物語』
    ダウンロードはこちら(PDF:6.7MB)

  10. 『完全図解・宇宙手帳』内容の一部をPDFで公開中!

  11. 『JMP活用 統計学とっておき勉強法』付属CD-ROMに関する重要なお知らせ

今月の新刊

「説得力」を強くする

1919
「説得力」を強くする
必ず相手を納得させる14の作戦

著者:藤沢 晃治
定価:本体860円(税別)
購入する

人はいかにして説得されるのか?

説得力は、現代人最大の武器。相手の論理的思考だけではなく、直観を操るアナロジー思考にも働きかけ、スピーディーに説得する技法を伝授。説明力、交渉力、表現力といったシリーズのエッセンスを集大成し説得力に磨きをかける実践決定版。

理系のための研究ルールガイド

1920
理系のための研究ルールガイド
上手に付き合い、戦略的に使いこなす

著者:坪田 一男
定価:本体860円(税別)
購入する

具体例でわかる「ここまでOK」「これはダメ」

実験、論文、学会発表、研究費申請など、研究活動にはさまざまなルールが存在する。一方、研究でブレイクスルーを成し遂げるには、ルールを超えた大きな考え方も大切だ。本書では、研究者が知っておくべきルールの基本と、戦略的に使いこなすための方法を、ホンネで伝授する。

数学ロングトレイル 「大学への数学」に挑戦

1921
数学ロングトレイル 「大学への数学」に挑戦
じっくり着実に理解を深める

著者:山下 光雄
定価:本体1180円(税別)
購入する

時間をかけて楽しみながら問題にアプローチ

数学はよく山登りにたとえられます。本書は本格的な登山(現代数学)ではなく、高校数学を基本とした丘陵歩きが目的です。とはいえ、最初はきついかもしれませんが、ペースとコツさえつかめば最後まで読み通せて、また次の頂に挑戦したくなる、そんな珠玉の問題満載の一冊です。いまだからできる、マイペースで学べる。たどり着けなかった知の頂に再挑戦。

分子レベルで見た触媒の働き

1922
分子レベルで見た触媒の働き
反応はなぜ速く進むのか

著者:松本 吉泰
定価:本体980円(税別)
購入する

触媒はなぜ「触媒の働き」をすることができるのか?

化学反応には、自分は変化しないにもかかわらず、反応を進める触媒の存在が重要です。しかしこれまで触媒がなぜ「触媒の働き」をするのかは、ほとんど分かっていませんでした。本書では、最新の表面科学によって解き明かされつつある触媒が働く仕組みを分かりやすく説明します。

コミュ障 動物性を失った人類

1923
コミュ障 動物性を失った人類
正しく理解し能力を引き出す

著者:正高 信男
定価:本体800円(税別)
購入する

現代の病巣にメス!

最近、学校や会社の中で人と上手に話ができない、他人の話をちゃんと聞けない人が目立つという。相手の目を見て話ができない、思い込むと聞く耳を持たなくなる……。いったいコミュ障の人とはどういう人なのか。じつは、コミュ障の人には他の人にはない社会を突き動かす能力が備わっているという。ますます住みにくくなってきた現代社会を生き抜くための方策を思案する。

ブルーバックス発の単行本

世界初 鍵本聡の頭がよくなる三角パズル 世界初 鍵本聡の頭がよくなる三角パズル


世界初 鍵本聡の頭がよくなる三角パズル

著者:鍵本聡
定価:本体640円(税別)
購入する

お年寄りの脳トレからビジネスマンの思考訓練、子どもの集中力アップまで使い方はさまざま。世界初の三角パズルで夜も眠れなくなる。(右の画像をクリックすると、大きなサイズでパズルの問題文が読めます)

刊行予定

次回刊は7月21日発売予定です。

1924
謎解き・津波と波浪の物理
保坂 直紀 (著)
サーファーがくぐる波のトンネルはなぜできる? 「海底を感じた瞬間」に性質を大きく変える波。身近でふしぎな物理現象を解き明かす
1925
地球を突き動かす超巨大火山
佐野 貴司 (著)
海底に沈んでいる超巨大な火山は、大地を形成し、大陸を分裂させた張本人だと考えられている。超巨大火山が物語る新しい地球学の誕生
1926
SNSって何が面白いの? 何が便利で、何が怖いのか
草野 真一 (著)
本書は、ツイッターやフェイスブック、LINEなどの操作方法についての解説はありません(操作方法は、運営会社の都合でたびたび変更されます)。その代わり、SNSの本質的な部分(変わらない部分)について、わかりやすい例を交えながら紹介していきます。本書を読むことで、ツイッターやフェイスブック、LINEなどに没頭している若者の大半が、意識すらしていないSNSの本質が見えるようになるはずです。
1927
確率を攻略する
小島 寛之 (著)
確率を理解し使いこなすために、その数理的な本質を確率論の歴史や豊富な例を用いて解説する。今度こそわかりたい人のために!