トップページ

PAGE TOP

「科学をあなたのポケットに」ブルーバックスは自然科学系の新書シリーズです。

講談社ブルーバックス

更新日:2015.1.19

今月の新刊

  • 算法勝負!「江戸の数学」に挑戦
  • 哺乳類誕生 乳の獲得と進化の謎
  • エネルギーとはなにか
  • 科学検定公式問題集 3・4級

刊行予定

  1. 『99.996%はスルー』

  2. 『創薬が危ない』

  1. 『巨大ウイルスと第4のドメイン』

  2. 『デジタル・アーカイブの最前線』

NEWS

  1. ブルーバックス新春お年玉企画 
    『算法勝負!「江戸の数学」に挑戦』出版記念 問題に答えて新刊プレゼント! 当選者発表!

  2. 『Raspberry Piで学ぶ電子工作』サンプルのダウンロードはこちら!

  3. 『山に登る前に読む本 電子版』刊行によせて

  4. 『「ネイティブ発音」科学的上達法』特設サイト開設!
    「いきなりネイティブな声が出る」トレーニング動画公開中。

  5. 「山に登る前に読む本」刊行記念コラム・連載第4回掲載!(金曜掲載)

  6. 『マンガ 生物学に強くなる』内容の一部をPDFファイルで公開!

  7. 『放射能と人体――細胞・分子レベルからみた放射線被曝』内容の一部をPDFファイルで公開!

  8. 『理系のためのExcelグラフ入門』のサポートページはこちら

  9. ブルーバックス創刊50周年記念 『ブルーバックス物語』
    ダウンロードはこちら(PDF:6.7MB)

  10. 『完全図解・宇宙手帳』内容の一部をPDFで公開中!

  11. 『JMP活用 統計学とっておき勉強法』付属CD-ROMに関する重要なお知らせ

今月の新刊

算法勝負!「江戸の数学」に挑戦

1897
算法勝負!「江戸の数学」に挑戦
どこまで解ける?「算額」28題
著者: 山根誠司
定価:本体860円(税別)
購入する

江戸時代の公開数学問題「算額」で和算の粋を楽しむ

数学の問いを神社仏閣に掲げ公開の場で算法勝負をする「算額」。大名から庶民まで、身分の上下を超え当時の数学ファンがこぞって熱中したオリジナリティ溢れる和算問題の数々、現代人のあなたはどこまで解ける?

哺乳類誕生 乳の獲得と進化の謎

1898
哺乳類誕生 乳の獲得と進化の謎
驚異の器官がうまれるまで
著者: 酒井仙吉
定価:本体980円(税別)
購入する

進化はなぜ哺乳類にたどりついたのか

現在、地球上で最も繁栄している生物、哺乳類。生物にとって最も重要なのは、子孫を確実に残すこと。つまり、その繁栄のカギは「乳」というシステムにあった。水中を追われ、陸上に逃げ出した生物がどのように体のしくみを変え、どのように子育てや子作りの方法を変えたのか。進化の歴史を丹念にたどり、哺乳類、そして人という生き物の本質に迫る。

エネルギーとはなにか

1899
エネルギーとはなにか
そのエッセンスがゼロからわかる
著者:ロジャー・G・ニュートン
翻訳:東辻 千枝子
定価:本体800円(税別)
購入する

どこから生まれ、どのような法則にしたがうのか?

宇宙誕生初期に生まれた「純粋なエネルギー」は、どのような変遷を経て、私たちの生活に不可欠な存在になったのか? 防寒や調理に役立つ「熱」の探求からはじまった「エネルギーの科学」。電気や化学結合から生じるエネルギーの制御が、物理学と工学に繁栄をもたらした。太陽を輝かせる核エネルギーや不連続な量子エネルギーの謎から、電池や液体水素による備蓄や輸送のしくみまで、現代科学の最重要キーワードが1時間で理解できる!

科学検定公式問題集 3・4級

1900
科学検定公式問題集 3・4級
科学の見方と考え方の再発見

監修:竹内 薫
著者:桑子 研
著者:竹田淳一郎
定価:本体1080円(税別)
購入する

いままで気がつかなかった視点と考え方を再認識!

科学の知識レベルをアップしたいと思ったらまずはいまの自分の実力を知ること! どの科目が得意で、どの科目が苦手なのか。何がわかって、何がわからないのか。どうしてまちがえたのか……。選りすぐりの例題と、こん切ていねいな解説、そして学校では習わない視点と考え方で知識の枠をどんどん広げ、確実に実力がアップする。

ブルーバックス発の単行本

世界初 鍵本聡の頭がよくなる三角パズル 世界初 鍵本聡の頭がよくなる三角パズル


世界初 鍵本聡の頭がよくなる三角パズル

著者:鍵本聡
定価:本体640円(税別)
購入する

お年寄りの脳トレからビジネスマンの思考訓練、子どもの集中力アップまで使い方はさまざま。世界初の三角パズルで夜も眠れなくなる。(右の画像をクリックすると、大きなサイズでパズルの問題文が読めます)

刊行予定

次回刊は2月20日発売予定です。

1901
99.996%はスルー
竹内 薫 (著), 丸山 篤史 (著)
情報爆発から身を守るため人類は情報をスルーするという生き残り戦術を獲得した。没個性化しないための情報の選択と活用法を指南する
1902
巨大ウイルスと第4のドメイン
武村 政春 (著)
次々と発見される巨大ウイルスは、新しい生物グループ(ドメイン)ではないか? 最先端のウイルス研究が問い直す「生物とはなにか」
1903
創薬が危ない
水島 徹(著)
エボラ出血熱が猛威を振るう中、その治療薬は未だ開発されていない。それどころか、我々の命を守る創薬に大きな危機が到来している。
1904
デジタル・アーカイブの最前線
時実 象一 (著)
忘れ去られ、破壊され、失われていく「知の遺産」を永久に記憶にとどめておくためのデジタル・アーカイブの実情と課題と可能性とは