トップページ

PAGE TOP

「科学をあなたのポケットに」ブルーバックスは自然科学系の新書シリーズです。

講談社ブルーバックス

更新日:2015.4.23

今月の新刊

  • 飛行機事故はなぜなくならないのか
  • 研究を深める5つの問い
  • 超越数とはなにか
  • マンガ おはなし物理学史
  • やじうま入試数学

刊行予定

  1. 『論理が伝わる 世界標準の「議論術」』

  2. 『新しい航空管制の科学』

  3. 『世界を制する技術発想』

  1. 『理系のための英語最重要「キー動詞」43』

  2. 『群論入門 対称性をはかる数学』

NEWS

  1. ブルーバックス新春お年玉企画 
    『算法勝負!「江戸の数学」に挑戦』出版記念 問題に答えて新刊プレゼント! 当選者発表!

  2. 『Raspberry Piで学ぶ電子工作』サンプルのダウンロードはこちら!

  3. 『山に登る前に読む本 電子版』刊行によせて

  4. 『「ネイティブ発音」科学的上達法』特設サイト開設!
    「いきなりネイティブな声が出る」トレーニング動画公開中。

  5. 「山に登る前に読む本」刊行記念コラム・連載第4回掲載!(金曜掲載)

  6. 『マンガ 生物学に強くなる』内容の一部をPDFファイルで公開!

  7. 『放射能と人体――細胞・分子レベルからみた放射線被曝』内容の一部をPDFファイルで公開!

  8. 『理系のためのExcelグラフ入門』のサポートページはこちら

  9. ブルーバックス創刊50周年記念 『ブルーバックス物語』
    ダウンロードはこちら(PDF:6.7MB)

  10. 『完全図解・宇宙手帳』内容の一部をPDFで公開中!

  11. 『JMP活用 統計学とっておき勉強法』付属CD-ROMに関する重要なお知らせ

今月の新刊

飛行機事故はなぜなくならないのか

1909
飛行機事故はなぜなくならないのか
55の事例でわかった本当の原因
著者:青木謙知
定価:本体900円(税別)
購入する

「想定外」が大事故を招く

飛行機に乗るとき、頭をよぎるのが「事故」。墜ちたら一巻の終わりと考えるからか、少しの揺れにも身構えたりしてしまう。しかし実際には、揺れが原因で墜ちることはまずない。パイロットの勘違い、ちょっとした整備ミス、小さな故障など、さまざまな「想定外」が大事故を招いてきた。本書では、世界で起きた55事例をもとに、これまでにどんな飛行機事故が起き、それを教訓に旅客機はどう進化してきたかを解説する。

研究を深める5つの問い

1910
研究を深める5つの問い
「科学」の転換期における研究者思考

著者:宮野 公樹
定価:本体800円(税別)
購入する

自分に問いかけ続けることで研究者としての思考を磨く

科学や技術を取り巻く状況が変化していくなか、研究者はどのように考え、行動すべきなのか。それらの根源となる「研究者思考」を自力で探究できるようにするのが本書である。1000件を超すプレゼン指導経験から著者が見いだした「研究の本質」について、未来ある若手研究者に向けてわかりやすい言葉で問いかけながら案内する。

超越数とはなにか

1911
超越数とはなにか
代数方程式の解にならない数たちの話
著者:西岡 久美子
定価:本体860円(税別)
購入する

πやeを解とする代数方程式は決して作ることはできません

無理数の中には、さらに「超越数」と呼ばれる不思議な数たちがいます。無理数であるにもかかわらず、どんな代数方程式の解にもならない数たちです。本書ではこの不思議な数たちの性質や調べ方を、できるだけ易しく解説します。

マンガ おはなし物理学史

1912
マンガ おはなし物理学史
物理学400年の流れを概観する

原作:小山慶太
漫画:佐々木ケン
定価:本体1,080円(税別)
購入する

物理学の歴史を親しみやすく視覚化

舞台は大きく2つの時代で繰り広げられます。古典物理学の時代では力学と電磁気学を学び、電気と磁気が統一される前夜に遭遇。現代物理学の時代では量子力学と相対性理論という、光速に近い運動や重力場といった、われわれの想像を超えた領域に引き込まれていきます。高校生3人組が歴史上の科学者たちを直撃しながら、物理学発展の舞台裏を臨場感豊かにレポートします。

やじうま入試数学

1913
やじうま入試数学
問題に秘められた味わいのツボ
著者:金 重明
定価:本体900円(税別)
購入する

受験生のみなさんには恐縮ですが……

誰もが苦しめられた、にっくき入試数学。でも制限時間も自分の将来も気にせず向きあうと、出題者の遊び心、熱い数学愛から非情さまでが見えてきて、なんとも味わい深いのです。中学から大学までの入試問題から「入試数学ソムリエ」が選んだ29問、寝ころがって気楽にながめれば、きっと数学のおもしろさを再発見できます。

ブルーバックス発の単行本

世界初 鍵本聡の頭がよくなる三角パズル 世界初 鍵本聡の頭がよくなる三角パズル


世界初 鍵本聡の頭がよくなる三角パズル

著者:鍵本聡
定価:本体640円(税別)
購入する

お年寄りの脳トレからビジネスマンの思考訓練、子どもの集中力アップまで使い方はさまざま。世界初の三角パズルで夜も眠れなくなる。(右の画像をクリックすると、大きなサイズでパズルの問題文が読めます)

刊行予定

次回刊は5月21日発売予定です。

1914
論理が伝わる 世界標準の「議論術」
倉島 保美(著)
いつもの会議や交渉が見違えるほど生産的に! ムダな時間をなくし、確実に成果を得るための「議論の技術」を豊富な事例で伝授する。
1915
理系のための英語最重要「キー動詞」43
原田 豊太郎(著)
理系独自の用法から辞書には出てこない単語まで――。科学英語論文を書きこなすためのキー動詞43を徹底解説。人気シリーズ第4弾!
1916
新しい航空管制の科学
園山 耕司(著)
広く見える「空の道」は意外にも飛行ラッシュ。GPSをはじめに100機以上の人工衛星で構築される「空の交通整理」の全貌を紹介!
1917
群論入門 対称性をはかる数学
芳沢 光雄(著)
あみだくじや駐車場の移動問題を通して、集合や写像の考え方を学びながら、群によってあぶりだされる対称性の性質や特徴を垣間見る!
1918
世界を制する技術発想
木村 英紀(著)
技術立国日本がふたたび世界を制するためには、「ものつくり精神」からの脱却と、要素から全体を見渡すシステム的発想の強化しかない