既刊一覧 (地球科学)

  • 電子書籍 フィックス

    [B1756]

    山はどうしてできるのか

    著:藤岡 換太郎

    あたりまえのように「そこにある」山は、いつ、どのようにしてできたのか。古来から地質学者たちの論争のテーマになってきた素朴な疑問に答える。

    定価 : 本体880円 (税別)

    ISBN : 978-4-06-257756-4

  • 電子書籍 フィックス

    [B1713]

    太陽と地球のふしぎな関係

    著:上出 洋介

    「母なる星」のイメージは間違いだった!コロナ質量放出や磁気嵐など、絶え間なく繰り出される太陽の攻め手を地球はどうしのいでいるか?

    定価 : 本体980円 (税別)

    ISBN : 978-4-06-257713-7

  • 電子書籍 フィックス

    [B1721]

    図解・気象学入門

    著:古川 武彦,
    著:大木 勇人

    「湿った空気」は重くない、落下する「氷晶」が雨粒をつくる

    定価 : 本体1,040円 (税別)

    ISBN : 978-4-06-257721-2

  • 電子書籍 フィックス

    [B1669]

    極限の科学

    著:伊達 宗行

    極限的世界に踏み込んで物質が置かれている環境を深くゆさぶると、物質は思いもよらぬ顔を見せてくれる。新しい機能の発現のヒントが満載。

    定価 : 本体880円 (税別)

    ISBN : 978-4-06-257669-7

  • 電子書籍 リフロー

    [B1670]

    森が消えれば海も死ぬ 第2版

    著:松永 勝彦

    昔から、魚介類を増やすには水辺の森林を守ることが大切とされ、こうした森は「魚つき林」と呼ばれた。「陸と海を結ぶ生態系」を解き明かす。

    定価 : 本体800円 (税別)

    ISBN : 978-4-06-257670-3

  • [B1656]

    今さら聞けない科学の常識(2)

    編:朝日新聞科学グループ

    知っているつもりだけれど、正確には説明できない。今さら人には聞けないけれど、調べるには骨が折れる。そんな科学の知識を解説した第2集・完結編。

    定価 : 本体900円 (税別)

    ISBN : 978-4-06-257656-7

  • 電子書籍 なし

    [B1639]

    見えない巨大水脈 地下水の科学

    著:日本地下水学会,
    著:井田 徹治

    人類が使える水の大半が地下水。一度汚染したら回復するまで平均600年もかかる貴重な資源を多角的に考察。日本の名水の「水質一覧」つき。

    定価 : 本体940円 (税別)

    ISBN : 978-4-06-257639-0

  • 電子書籍 リフロー

    [B1576]

    富士山噴火

    著:鎌田 浩毅

    現代のハイテク社会がもし噴火に見舞われたら?被害の全貌を予測して防災に役立てる「ハザードマップ」の解読法と、知られざる富士山の正体。

    定価 : 本体940円 (税別)

    ISBN : 978-4-06-257576-8

  • [B1510]

    新しい高校地学の教科書

    編著:杵島 正洋,
    編著:松本 直記,
    編著:左巻 健男

    理科教育に情熱を傾ける現場教師たちが、3年の歳月をかけて作りあげた現代人のための「検定外教科書」。

    定価 : 本体1,150円 (税別)

    ISBN : 978-4-06-257510-2

  • 電子書籍 フィックス

    [B1414]

    謎解き・海洋と大気の物理

    著:保坂 直紀

    高低差がない海に海流があるのはなぜ? エルニーニョはなぜ世界中に影響を与えるの?「コリオリの力」の正体に迫りながら、海と空の謎を解く。

    定価 : 本体980円 (税別)

    ISBN : 978-4-06-257414-3

  • 1
  • 2
ページTOPへ