小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦

小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦

著者 山根一眞(やまね・かずま)

太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション

まえがき

 小惑星探査機「はやぶさ」が、およそ7年、60億キロの大宇宙航海を終えて地球に帰還したのは2010年6月13日のことでした。その日の夜、私はオーストラリアのウーメラ砂漠のただ中で「はやぶさ」の劇的な地球帰還と最期を見届け、震える思いを味わいました。一部の人たちに限られていた「はやぶさ」への理解や関心は、この劇的な帰還によって一転、日本中が「はやぶさ」に熱くなる日々が始まりました。「はやぶさ」が持ち帰り地球に送り届けたカプセルは、同年7月から2012年4月まで全国69もの会場で一般公開され、のべ89万人が来場するなど「はやぶさ」熱は長く続き、日本人の宇宙への関心を深める大きな貢献を果たしました。
 私は、「はやぶさ」が帰還した翌月、その7年間の奮闘を描くノンフィクション作品『小惑星探査機はやぶさの大冒険』(マガジンハウス)を出版しました。この本は、読者の皆さんから大きなご支持をいただき、東映映画「はやぶさ 遥かなる帰還」の原作にもなりました。
「はやぶさ」は、数多くの故障やトラブルの連続でぼろぼろになりながらも、カプセルを地球に送り届けましたが、その姿は人生になぞらえて擬人化され、人々に大きな勇気や共感をもたらしました。それが映画化の理由でもありました。その一方で、本来の使命である小惑星の科学的な解明や、サンプル分析の経緯については、一般にはほとんど知られないまま今日に至っています。前著『小惑星探査機はやぶさの大冒険』も、
「2010年7月、カプセル内に100分の1ミリ前後の微粒子を100個以上確認した。分析には数ヵ月かかる見込み」
 で、終わっています。その微粒子が小惑星「イトカワ」由来のものかどうか、もしそうだった場合どのような発見があるのか、それが明らかになったのは出版後のことだったからです。
「はやぶさ」帰還から5ヵ月後の2010年11月16日、期待していた発表がありました。「はやぶさ」が持ち帰ったカプセル内の微粒子は小惑星「イトカワ」由来であると確認できたという発表です。「はやぶさ」のミッションはサンプルリターン(小惑星の物質を持ち帰ること)が最大の目的ゆえ、それを成し遂げることができたというすばらしいニュースでした。この日はカプセルの帰還に続く「はやぶさ」の第2のゴールとなったのです。
 地球を出発し、小惑星に着地、サンプルを得て地球に持ち帰ったのは人類初の快挙で、これは日本が小惑星往復とタッチダウンという独自技術を手にしたことを意味しています。「はやぶさ」のチームは、この独自技術を絶やさぬためにも、後継機「はやぶさ2」の計画を進めてきたのです。
 そこで本書では、2010年6月13日から始まった「はやぶさ」帰還後の微粒子の取り出しと分析という科学的な取り組みを紹介したうえで、後継機「はやぶさ2」のプロジェクトを、おもな担当者や企業の証言をもとにわかりやすく描きました。
「はやぶさ」が到達した小惑星「イトカワ」は、観測によって番号がつけられたものだけでも60万を超す小惑星の中では一般的な「S型」です(構成している鉱物がケイ酸塩鉱物からなる小惑星)。しかし「はやぶさ」は、もともとは「C型」の小惑星を目指す計画でした。C型は有機化合物のほか、水も含んでいる可能性がある小惑星です。そこから持ち帰るサンプルには、太陽系の成り立ちのほか、生命の起源を解く がひそんでいると言われています。しかし「はやぶさ」は、打ち上げロケットの不具合などからスケジュールが遅れたため、到達可能な小惑星をS型の
「イトカワ」にせざるをえなかったという事情がありました。
 そこで、後継機「はやぶさ2」は、「はやぶさ」の本来の目的天体であるC型を目指し、新たな大宇宙航海という大挑戦を開始しました。
 しかし、「はやぶさ2」のような小型の探査機が到達できるC型の小惑星は限られています。やっと見出したターゲットの小惑星は「1999 JU3」(仮称)。2014年冬を中心とした打ち上げを逃すと次のチャンスは数年はないため、チームは限られた時間内で「はやぶさ2」を作り上げねばなりませんでした。
「はやぶさ」「はやぶさ2」を通じて私がインタビューを続けてきたエンジニアや科学者、メーカーの皆さんの言葉を通じて彼らの努力、そして挑戦がどのようなものなのかを理解していただけるでしょう。
 ブルーバックスは科学者が自らの専門分野について書いたものが多いのですが、本書は『小惑星探査機はやぶさの大冒険』同様、宇宙や科学には詳しくない一般の読者の皆さんにも理解できるよう描くことを心した物語、ノンフィクション作品です。本書を通じて「はやぶさ」同様、「はやぶさ2」への思いを抱いていただければと願っています。
 なお、本書では「はやぶさ2」の研究開発の「場」を「JAXA宇宙科学研究所(相模原キャンパス)」と記述していますが、「組織上」は「JAXA 月・惑星探査プログラムグループ(JSPEC)」の所管です。一方、「あかつき」「イカロス」は従来のJAXA宇宙科学研究所の所管と何ともややこしいため、「場」の名称で通したことをお断りしておきます。
 本書の刊行とあわせて、事実関係などの正確を期して加筆訂正した『小惑星探査機はやぶさの大冒険』(講談社+α文庫)を出版しました。本書はそのシームレスな続編ゆえ、2冊を通してお読みいただければ幸甚です。

著者 山根一眞(やまね・かずま)

ノンフィクション作家。1947年、東京都生まれ。獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒。現在、獨協大学経済学部で講義を担当。宇宙航空研究開発機構(JAXA)嘱託、福井県文化顧問、理化学研究所相談役、日本生態系協会理事、NPO法人子ども・宇宙・未来の会「KU-MA」理事。NHKキャスターを通算7年、愛知万博では愛知県総合プロデューサーも務めた。本書の前作にあたる『小惑星探査機はやぶさの大冒険』(マガジンハウス)のほか、20冊を超える『メタルカラーの時代』シリーズ(小学館)、『環業革命』(講談社)など著書多数。

[B1887]

小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション

著:山根 一眞

「はやぶさ2」はいかに進化したのか。地球から3億キロメートル離れた小惑星へ総飛行距離52億キロメートル、往復6年にわたる宇宙の旅が始まる!

定価 : 本体980円 (税別)

ISBN : 978-4-06-257887-5

既刊一覧

連載読み物

ぼくたちはなぜぼくたちだけなのだろう

〔フローレス篇〕第3回 予想外の人類を研究する。

文 川端裕人

本当に新種の人類なのか?  予想もしない場所に、予想もしない人類がいたことがわかっ...

2017/06/20

ページTOPへ