デジタル・アーカイブの最前線

デジタル・アーカイブの最前線

著者 時実象一(ときざね・そういち)

知識・文化・感性を消滅させないために

はじめに

 一九九五年一月一七日、阪神・淡路大震災が起きたとき、米国化学会のケミカル・アブストラクツ・サービスに勤務していた筆者は、オハイオ州のコロンバスにいた。夜の七時すぎ、テレビのニュースで「central Japan」で地震、との第一報があり、最初は死者数百人と報じられたが、その後、一〇〇〇人、三〇〇〇人、と増えつづけるので、大変なことになったと思った。映像が届かないため「central Japan」とは東京なのか、名古屋なのか、それとも大阪なのかもわからない。東京の家族に連絡しようとしても、国際電話はまったくつながらなかった。
 二〇一一年三月一一日の東日本大震災発生時は、東京の千代田区立図書館を愛知大学の学生と一緒に見学中だった。突然、建物が揺れはじめ、窓の外を見ると隣の高層ビルがゆっくりと振動している。さほどの大災害とは思わずに外に出ると、鉄道がすべて止まっていた。東京駅まで歩き、新丸ビルのテレビで津波の空撮映像を目にして、事態の深刻さを知った。東海道新幹線は夜に運転を再開したので学生は愛知まで返すことができたが、地下鉄やJRは動かず、自分は身動きがとれない。東京駅の公衆電話は一〇〇人近い行列だし、スマートフォンの電話もメールもまったくつながらない。ところが、スマートフォンでツイッターを見たところ、そこではまったく異常なく、さまざまな情報が行きかっていた。その中に、東京駅からそう遠くないところに会社がある知人のツイートを見つけた。そこには「事務所は空いています。どうぞおいでください」とあった。それを頼りに知人を訪ね、椅子の上で夜を明かしたのだった。
 この二つの震災は一六年という時を経て起きているが、この間に時代は大きく変わった。情報通信の手段を見ても、震災時の状況は次のように変化している。
 ①ほとんど固定電話だけ → 携帯電話が普及(ただし携帯電話は何の役にも立たず、緊急時における固定電話の価値が明らかになった)。
 ②インターネットも電子メールもない → ツイッターが通信・連絡に大活躍。
 ③デジタル・カメラがなく、家庭用ビデオカメラもいまだ普及前夜 → カメラやビデオカメラはデジタル化し、携帯電話やスマートフォンの撮影機能も強化された。
 とくに③の結果として、阪神・淡路大震災の記録は報道写真など、限られた人によるものであるのに対し、東日本大震災では誰でもいつでも写真や動画が撮影できるようになっていたため、市民が撮影した膨大なデジタル記録が残されている。
 このように、ネット時代を迎えたいま、世の中にはこれまでとは比較にならない大量の情報があふれている。だが、社会の動きがあまりにも急速なため、これらのほとんどは直ちに消費され、消滅していっている。このままでは現代は、後世から見て、記録や歴史遺産が何もない時代となってしまう恐れがある。災害の記憶はもちろん、活字、映像、ウェブサイトなどで流通している種々雑多な情報はすべて、われわれがこの時代を生きた記録であり、未来に残すべき貴重な知的財産である。その保存は、人類のこれからの歩みを見つめなおすために、欠くことはできない。そのための方法が、本書のテーマとなるデジタル・アーカイブである。
 筆者の手元にある英語の辞書で最も古い『The American Heritage Dictionary of the English Language 』(一九七六年)で「アーカイブ」を引くと "archives" と複数形になっていて、その意味は「保管された公文書、またはその保管場所」とある。語源は「役所」の意味のギリシャ語 "arkheion" であるという。ところが一九八七年の『Random House Webster's Unabridged Dictionary 2nd』という辞書には単数形の "archive" も載っていて「公文書」「公文書館」に次ぐ第三の意味として「大量のデータの集積」がある。このころ、コンピュータの世界で保存されたデータを「アーカイブ」と呼ぶようになってきていたので、それを反映したものだろう。
 つまり、政府などの公式記録文書を保管する文書館、または保管された文書を「アーカイブズ」と呼ぶのに対し、単数形の「アーカイブ」は、あらゆる歴史的記録を指していると考えられる。デジタル・アーカイブとは、この世のあらゆる歴史的記録を電子の力で集積し、未来に届けることにほかならない。この壮大な取り組みのために立ち上がった人々が、世界中にいることを知っていただきたい。

著者 時実象一(ときざね・そういち)

東京大学理学系研究科化学専門課程修士修了。東レ(株)、(社)化学情報協会、米国ケミカル・アブストラクツ・サービス(CAS)、(独)科学技術振興機構、愛知大学文学部教授などを経て現在、東京大学総合教育研究センター非常勤講師、愛知大学非常勤講師。理学博士。(一社)情報科学技術協会会長、学術情報XML推進協議会会長。専門は情報検索、電子ジャーナル、電子書籍、デジタル・アーカイブ、ネット情報。著書に『理系のためのインターネット検索術』(講談社ブルーバックス)、『新訂 情報検索の知識と技術』(共著・情報科学技術協会)など。

[B1904]

デジタル・アーカイブの最前線

著:時実 象一

活字、映像、ウェブ……残すのが困難な時代に、人類が未来に残すべき貴重な「知の遺産」を電子的に保存するデジタル・アーカイブの世界に迫る。

定価 : 本体860円 (税別)

ISBN : 978-4-06-257904-9

既刊一覧

連載読み物

脳が目覚める新発想
馬場雄二の「漢数パズル」

第3回 漢数パズル〈サイコロ字〉① 回答編

馬場雄二

前回出題した以下の問題、あなたは解けましたか?   それでは、答えの...

2017/09/22

ページTOPへ