カラー図解 Javaで始めるプログラミング

カラー図解 Javaで始めるプログラミング

高橋麻奈(たかはし・まな)

まえがき

●プログラムの知識が求められている
 携帯電話やタブレットといったデジタル機器に囲まれ、ショッピングサイトで買い物する私たちの生活にとって、コンピュータとプログラムは欠かせないものとなっています。
 プログラムはコンピュータに指示を伝えて作業を行うためのものです。プログラムはプログラミング言語を使って書かれます。IT技術の普及が進み、誰もがコンピュータを駆使することが求められる現在、コンピュータを使えることばかりでなく、プログラムを作ることが求められるようになってきています。日本語や英語を読み書きする能力と同じように、コンピュータを自在に操るために必要なプログラムの知識が求められているのです。
 しかし、いざコンピュータを目の前にしても、プログラムを作ろうと頭の中で思い描くだけでは難しいこともあります。プログラムを実際に始めるためのきっかけが必要です。いくつもあるプログラミング言語の中から、プログラミング初心者にとって実践的な選択をすることが必要ですから、その1つとしてJavaを考えることもできるでしょう。
 
●この本で紹介すること
 Javaはプログラミング言語の1つです。Javaによって、プログラミングを具体的に始めることができます。この本ではJavaについて紹介しましょう。本書で取り上げることはJavaに関する基本的なことがらに絞ったものですが、専門書に自信をもってチャレンジするための橋渡し役となるように書かれています。
 まず、序章ではJavaを学ぶ前に知っておくべきことがらを紹介します。
 1章ではJavaのプログラムを作成する方法を紹介します。プログラムを入力・変換して実行するまでのJavaの基本的なプログラムの作成手順をおさえます。
 2章ではJavaがなぜ注目され、プログラミング言語として受け入れられてきたかについて紹介します。JavaはスマートフォンやWebの世界でも活躍しています。
 3章・4章ではJavaの基本的なしくみを紹介します。変数や演算子と呼ばれるJavaの基本的なしくみは、多くのプログラミング言語にも採用されています。また、処理の構造を学んでプログラムの処理の書き方を身につけます。
 5章・6章ではJavaのプログラミング言語としての応用的なしくみを紹介します。Javaはオブジェクト指向と呼ばれる考え方を採用しています。オブジェクト指向ではプログラムの部品を作りやすくなっており、この特徴と利点についてふれることにします。
 7章ではJavaで実用的なプログラムを作るために必要となる機能について紹介します。Javaはすでに部品として開発されているさまざまな機能を利用できます。プログラムを作成していくにあたって活用できる、さまざまな機能を紹介しましょう。
 8章ではJavaが利用される開発の事例を紹介します。Javaはパソコンにとどまらず、スマートフォンアプリの開発でも使われています。最終章ではこうしたJavaによる実践の場を紹介します。
 
●Javaから始めよう
 プログラムは難しそうに見えますが、シンプルなものでもあります。プログラムはいくつかの基本的な構造を組み合わせて作られており、どんなに高度な処理をするプログラムも例外ではありません。基本的な構造を1つ1つ学んでいけば、高度な処理もできるようになるでしょう。
 プログラミング言語には数多くの種類があります。しかしプログラミング言語には数多くの共通点もあります。本書では、こうした共通点として多くのプログラミング言語にも使われているデータを記憶するしくみや、プログラムの処理の指示方法を取り上げています。
 1つの言語を習得すれば、さまざまな言語に応用がききます。プログラミングをやったことがない方も、Javaを勉強することはプログラミングのよい経験となります。Javaはプログラミング言語として役立つ1つの技術となることでしょう。
 さっそく始めましょう。

高橋麻奈(たかはし・まな)

1971年東京生まれ。東京大学経済学部卒業。主な著書に『やさしいJava』『やさしいJava 活用編』『やさしいC』『やさしいC++』『やさしい基本情報技術者講座』『やさしいITパスポート講座』(いずれもSBクリエイティブ)、『親切ガイドで迷わない 統計学』(技術評論社)、『入門テクニカルライティング』(朝倉書店)など多数。

[B2012]

カラー図解 Javaで始めるプログラミング

高橋麻奈

常に需要No.1のプログラミング言語「Java」について、プログラミング未経験者が取り急ぎ学んでおくべきことをまるごと読める。

ISBN : 978-4-06-502012-8

ページTOPへ