きょうは「パフェの日」 その由来に隠れた驚きの事実

  • 2016/06/28

    • ニュース

    きょうは「パフェの日」
    その由来に隠れた驚きの事実

    (なかなか名前がつかない)タコ君が今週の“サイエンス7days”で予告してくれた、きょう、6月28日にまつわる大発見について、お話しします。

    ――日本では6月28日は「パフェの日」とされていることはご存じですか? いったい、なぜそう決められたのでしょうか?

    あの林修先生が視聴者やゲストからの難問珍問に挑んでいく人気番組『林先生が驚く初耳学』(毎日放送)のある日の放送で、こんな問題が出題されました。さすが林先生、即答で「知ってた」ボタン! 「私がどれだけ野球にくわしいか、ご存じですよね」などと得意顔な前ふりをしたあとで、こう説明しました。

    「パフェ」とはそもそも、フランスの料理人が「完全なお菓子」をめざしてつくったもので、そのためフランス語で「完全」を表す「parfait」という名になった。日本では「パフェの日」を定めるにあたり、「完全」にちなんで、巨人軍の藤本英雄投手が1950年に日本で初めて完全試合を達成した日が選ばれた。それが6月28日であった――。

    お見事!な説明でした。テレビを観ていて感心したブルーバックスのYは、翌日さっそく、編集部でこの話をドヤ顔で語りました。

    ところが、そのとたん、聞いていた部員TとZから、

    「えーっ!」「信じられない!」

    と、なぜか驚きの声があがったのです。これには逆に、Yのほうがびっくり。

    さて、ここで問題です。「パフェの日」の由来を聞いたTとZは、なぜ驚いたのでしょうか?

    ヒントは、「TとZは数学にくわしい」です。答えは後日、発表しますので、それまで考えてみてください!

    (写真:Parfait samples by pinguino in Osaka)

新着情報一覧

ページTOPへ